出会いには使えない!?テレクラの存在意義、魅力はどこにある?


テレフォンクラブは、昔はセフレや援交相手を探す手段として一般的でした。それが、出会い系サイトの登場を機に、徐々に衰退し、今ではそれら店舗型のテレクラはほとんど潰れてしまっています。出会い系に対抗するためか、それとも当時拡大を見せていたネット事業の流れに乗ろうとしたのかはわかりませんが、店舗型テレクラの消失後、その経営者らは活動場所をネット上に移し、色々と名前を変えながら、今も存続しています。

料金の相場は、どこを見ても大体1分100円。ライブチャットと同じくらいの金額です。店舗型のテレクラが出会い系サイトに負けてしまった原因のひとつに、その料金の高さがあります。個室と電話回線を一本貸し出していたわけですから、料金が高くなってしまうのも仕方ありません。が、それでいて、出会い系サイトよりも出会えるかというと、そうではありませんでした。

テレクラは、その日のうちに会うことを前提としていましたし、女性から電話がかかってくる仕組みなので、男性がどういう関係を望んでいようと、電話をかけてきた時点でその女性にも固定の目的がありましたから、時間を無駄にするケースも多くあったのです。しかし出会い系サイトなら、男性側から女性にアプローチをすることができましたし、平日の空き時間に、週末の予定を決めるといった出会いの探し方もできました。出会い系サイトよりも使えるでもなく、料金は高い。テレクラが衰退してしまった理由はそこにあります。

現在のテレクラも、その料金は出会い系サイトよりも高額であるということができます。出会い系サイトでは、メールを読むのは無料で、送るときに30円から50円ほどかかるというのが通常です。それも、一通には最大で千字程度の文字を書き込めるのですから、同じ100円を一分間に使うのでも、相手に伝えられる情報の量は桁違いです。つまり現在でも、テレクラは「出会う」ということにおいて出会い系サイトには全面的に劣ってしまっているのです。

料金を改革しないかぎり、その立場の逆転することはありえないでしょう。それでも、テレクラが出会い系サイト並に「出会える」ものであれば問題ないのですが、これにも疑問を呈さざるを得ません。なぜなら、テレクラが用意している電話番号は、都道府県別と、分類の仕方がざっくりとしすぎているからです。自分の住んでいる地域になるべく近いところにいる女性を探すという方法が採れません。北海道など土地の広い場所になれば、電話の繋がった女性が、会うことの現実的でない距離にいるケースも多いでしょう。またそれ以外の地域でも、訪ねるのが面倒な土地だとか、一度も行ったことがない町だとか、そういう理由から会うのを諦めてしまうケースは少なくないはずです。

つまりテレクラは、「会えない」のです。

テレクラはなんのため存在するか?

それではテレクラにいったいどんな価値があるというのでしょうか。ただ料金ばっかり高くて出会えないとしたら、使う意味などありませんよね。現在のテレクラは、ほとんど「テレフォンセックス」をする場所であるといっても過言ではありません。テレフォンセックスとは、声でするエッチのこと。アダルトビデオでいう「相互オナニー」といったところでしょうか。

それはさておき、今のテレクラは、このテレフォンセックスをする場所として利用されています。ツーショットダイヤルとか、色々と名前は変えてはいますが、ああしたものはすべて大元にテレクラがあるのです。どうして出会いを提供しようとしないのか、それは彼らが、出会い系サイトには勝てないことを自覚しているからでしょう。電話を使ったサービスである限り、料金を出会い系よりも安くすることはきわめて困難です。したがって、別の何かを考案し、それを売りにしなければならない。そこで思いついたのが、テレフォンセックスだったというわけです。

素人女性だけで大勢の男性を相手することはできませんから、彼らはオペレーターまで雇い、オナニー好きの男性らにテレセを提供しています。もちろん素人の女性と繋がることもありますから、出会いにまったく期待できないわけではありません。つまりテレクラの価値とは、テレフォンセックスを楽しみつつ、若干ながら出会いにも期待できるという点にあるのです。

一番の問題点は、その料金の高いことにありますが、これも工夫ひとつで、安く済ませることができます。テレクラの多くは、新規登録をした人に対し、数千円ぶんの無料通話をプレゼントしています。その範囲で使っているうちは、料金が一切発生しないのです。ですから、複数のテレクラを回れば、通算で数時間はお金をかけずにテレクラを利用することが可能です。

ひとつのサイト単位に見れば、無料で話せる時間は20分から30分といったところ。その範囲ですべてを済ませるのは難しいかもしれませんから、そこに1000円、2000円くらい上乗せすると考えておくとよいでしょう。無料通話内でテレセを終わらせられればラッキーという具合に考えておくのです。